セールスレター、ホームページ、チラシなどの企画作成を支援します

指導事例の紹介

指導事例のご紹介

営業セミナーの開催

画像の説明

個別の企業のコンサルタント業務の他に、企業組合、団体などの会員企業を対象としたセミナー業務も行っています。
写真は、2013年1月
霧島キャッスルホテルでの営業セミナーの様子

ホームページ作成

画像の説明

姶良町商工会のホームページ作成及び管理
会員企業のホームページ作成及び管理などを行っています

顧客件数350件 が 1400件になった 牛乳宅配業の例

図は、店を中心とした商圏を表しています。
実際は20ブロックに分けています
この店の場合、約9000世帯の地域にあります。
30年間父親の代から営業しています。
後を継いで、最初はがんばって顧客を増やしたが、配達がきついので、配達員が続かず 結局、家族中心で営業するようになり、350件前後の増減をくりかえしていました。

牛乳宅配業の例

① 改善前の状態 400件が限度
一筆書きの配達ルートで、顧客が増えると配達に時間がかかる
その対策として、配達員を雇うが、利益を人件費がに食われる
顧客サービスを考える余裕が無いので、売上が伸びない

② 改善1 最初の1か月 商圏の細分化
商圏を 500世帯前後づつのブロックに分ける

この段階では、配達は以前と同じ状態を続けている為、
昼間に1時間作業を行う

③ 改善2 営業するブロックを決定
営業するブロックを決定し、配達員1名を雇う

④ 改善3 徹底的に営業
この区域内だけを、営業区域と決めて、徹底的に営業。

このブロックの分だけ自分の配達が少なくなるので、極力営業に当てます。
目標は、1名分の人件費を賄うだけの利益を、このブロックで稼ぐことです。
20日で達成できました

⑤ 改善4 次のブロックで同じことをする
同じことを、次のブロックでも実行しました。

さらに自分の配達が少なくなるので、営業に当てる時間を増やしました。

ブロックが増えていくにしたがって、営業効率も良くなり、戦略的考え方ができる余裕がでてきました
実際は、配達員1人が2ブロックの配達を請け負う形になるので、10名の増員をしました
1年後、会社組織にして、社長は、健康維持のために40件の配達をして、あとはチラシを作ったり 新たな区域の開拓計画を立てたりするようになりました。
この時点で、顧客件数1400件 まだまだ増えます。


a:1474 t:2 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional