セールスレター、ホームページ、チラシなどの企画作成を支援します

ご案内

このページの目次

◎ビジネスに役立つ書籍のご紹介
◎仕事は楽しいですか?  楽しく儲けていますか?
◎社会保険労務士様専用のサポートを開始しました
◎起業できなくて、悩んでいる方へ
◎お客様は探してはいけません。実は、お客様があなたを探しているのです
◎お客様が、価格で購入先を選択するという考えは、間違っています。
◎「うちのお客は、値段のことしか言わない」と言う経営者さんへ
◎不景気だから、儲からないと嘆いている経営者のみなさん
◎営業がうまくいかないと、お悩みの経営者のみなさん
◎商店街の活性化でお悩みの商工会のみなさん

ビジネスに役に立つ書籍のご紹介

ここで、ご紹介する書籍は、一般の書店では販売されていない書籍です。
ダン・ケネディ、ローラル・ラングマイヤー等セミナーを受けると100万円以上の負担を覚悟しなければならないメンバーの書籍をご紹介しています。

興味をお持ちの方はーー>こちらから

ダン・ケネディ
全米で多くの億万長者を生み出してきて、「億万長者メーカー」と呼ばれている。彼にはいくつもの顔があり、著者としては11冊以上の本を出版、そのうち6冊は日本語版も出版されている。

講演家としては、9年連続で、20~27以上のイベントに出演。ブラアントレーシー、マーガレットサッチャー元英国首相、ブッシュ元大統領、レーガン元大統領、シュワルツコフ将軍などと講演をともにする。国内の協会、企業、独立系セミナープロモーターなどとの現役中の契約は2000を超える。現在は講演をうけることは滅多にない。

マーケティング・コンサルタントとしては、32年のキャリアをもち、年商数千万円~数億円規模の会社から数千億円規模のクライアントを育てている。(その中の一社はニキビケアのTV通販で世界No1になりました。テレビCMで有名なプロ○クティブ)

彼の月刊ニュースレター『屁理屈なしマーケティング・ニュースレター』は現在、米国で2万人以上の会員、日本で2000人以上の会員の元に届けられている。

現在のコンサルティングフィーは1日128万円。コーチングプログラムは年間320万円。

コピーライティングプロジェクトは1000万円前後+%ロイヤリティ。(全てキャンセル待ち)2009年彼のコーチングクライアントの主催するセミナーには合計で10万人以上が出席した。起業家、マーケターにとって極めて影響力の強い人物である。

興味をお持ちの方はーー>こちらから

仕事は楽しいですか?  楽しく儲けていますか?

なぜ、楽しく仕事ができないのか。なぜ、儲からないのか。
その悩みをだれかに相談できますか?

平成の軍師 松元辰也がそのお悩み解決のお手伝いをいたします

お一人で悩んでいても問題は解決しません
お気軽にご連絡いただき、ご相談下さい
1000人の社長を幸せにするのが私の目標です。

メールでのご相談、お受けします。

お問合せページに、「メール相談希望」と書いて送って下さい。

あらためて、私からメールさせていただきます。

友達にアドバイスする感じで、いろいろなご相談に応じています。

手前味噌ですが、けっこう評判いいです。ご遠慮なくどうぞ

社会保険労務士様専用のサポートを開始しました

srsupport.png

資格は持っているけれど、顧問先が増えなくて困っている社会保険労務士の方へ
営業で苦労している、みなさんのお役に立つ情報をSRサポートが提供します。
あなたのお悩みの解決策が、こちらにあります。

起業できなくて、悩んでいる方へ

大切なことは、相談する相手を選ぶことです。

言い換えれば、相談相手に、サラリーマンを選ばないことです。
相談するなら、起業経験のある人を選んで下さい。

40歳で独立するとか、100万円貯めて起業するとか。
とにかく、決めて、実行することです。意外と出来るものです。

画像の説明


起業をお考えの方に、
拙著「社長道」PDF版をプレゼントします。


ご希望の方は、
お問合せに「社長道」希望と書いて送って下さい。 

お客様は探してはいけません。実は、お客様があなたを探しているのです

あなたは、何か困ったことが発生した時や欲しいものが有る場合どうしますか?

電話帳やパソコンの検索で、対応してくれるお店や業者を探すでしょう。

当り前のことですが、他の人から見れば、あなたは、お客様です。

欲しいものや、困った事が有る場合それを提供したり、解決したりしてくれるお店や業者を探すのは皆同じです。

あなたを、見付けてもらう為の解決策を、アドバイスいたします。
やってみると、意外と簡単で、拍子抜けするかもしれませんが、
商売に慣れすぎて、見落としていることが、意外に多いものです。

お客様が、価格で購入先を選択するという考えは、間違っています。

大切なのは、その商品やサービスが欲しいか、欲しくないかです。

欲しくない物は、いくらお金があっても買わないし、欲しい物は、高くても買うのです。

但し、買う相手は真剣に選びます。

あなたに仕事が来ないのは、景気とは無関係です

お客様が、あなたを知らないことが最大の理由です

知らない人からの売り込みを、そのまま信じる人は少ないでしょう。

知ってもらうことは、信じてもらう為に最初にしなければならないことです。

あなたを、知ってもらう為の解決策を、アドバイスいたします。
やってみると、意外と簡単で、拍子抜けするかもしれませんが、
商売に慣れすぎて、見落としていることが、意外に多いものです。

「うちのお客は、値段のことしか言わない」と言う経営者さんへ

「お客様が、値段の事しか言わない」のではなく、あなたが、値段の事しか考えない経営者で、店の内外にその雰囲気を振り撒いて集客しているのが原因です。

この言葉に、ちょっとむかついた方は、注意して次をお読みください

お店の外側

『2割引』『半額セール』などというPOPが、ベタベタ貼ってある

お店の内側

商品の価格だけが、やたらと目立つ
さらに、外と同じ様なPOPばかりが、そこら中に貼ってある。

チラシ、広告等

お店のチラシを開いて、値段と商品と店名を隠したら、何も書いていない紙になる

もし、まったくこの通りだとしたら、重症です。
早急に、ご連絡ください。ご指導いたします。
少しきついことを、言うかもしれませんが、きっとお役に立ちます

不景気だから、儲からないと嘆いている経営者のみなさん

景気が良くなった時、儲けを出す商品やサービスを、持っていますか?

あなたにとって、『儲けとは何か』考えたことがありますか?

私の知り合いに、金銭の支払いにとってもルーズな建設会社の社長がいます。

支払日が来て、振り込みが無くて、こちらから請求するまで、何の連絡もありません。

連絡すると、あれこれ言い訳ばかりしています。

ある時、この社長が作った見積書を見せてもらったことがあります。

とっても安いので、確認すると、このまま受注すると赤字だということでした。

「高くすると、受注できない」というのが、理由だそうです。

「とにかく仕事をして、お金を回しておけば、そのうち何とかなる」そうです。

この社長は、年中、お金のことで、バタバタしています。

極端な例ですが、なぜそうなるのか解りますか?

欠乏の障壁というのが、その答えです。

このような人は、「お金が足りない」といつも考えています。

だから、売上を上げる、金額を提示する、ということに対して、相手から金銭を奪うような、罪悪感で、ビジネスをやっています。

「相手から、少しでも多くのお金を取り上げること」をビジネスだと勘違いしているのです。

お店に、「2割引き」「半額セール」などという張り紙をしている店主や、「2着目半額」「ライバル店より高い場合は値引き」などという知恵の無い経営をしている大手チェーン店などは、このパターンです。

こういう考えの経営者の常套句があります。

「客単価を上げる」という言葉です。

  それでは、儲けを出す経営とは、どういうことでしょう?

ピーター・ドラッガーの「企業の利益」についての考え方が参考になると思います。

サイドメニューにご紹介していますので、読んで見て下さい。

価格ではなく『価値』で、さらに、『売る』のではなく『買ってもらう』という考えを持つ事が、大切なことです。

『お客にNOと言わせない営業トーク』などというタイトルの本(あればですが)に目がいくようであれば、最悪の結果を出すことになります。

従業員50人以下の零細企業では、経営者のモチベーションが全てです

経営者に、お金に関する成功した先人の考え方をアドバイスします。
特に、価格設定、価格決定の考え方を重点的に、アドバイスします。
『価値で売る』ことの本当の意味を、アドバイスします。

営業がうまくいかないと、お悩みの経営者のみなさん

もしかしたら「営業」=「セールス」と思っていませんか?

画像の説明

理想的な営業形態において、このプロセスの比率は、
画像の説明

「セールス」の比率が高くなるほど、営業は難しくなります
実は、零細企業の経営者のほとんどは、このことを理解していません。
だから、いつまでたっても零細企業のままなのです。

の中に入る言葉は、言われてみれば簡単なのですが、気が付くか、気が付かないかで、結果は大きく違ってきます。

の中に入る言葉を、お知りになりたい方は、お問合せフォームに
「答えを知りたい」と書いて送って下さい

商店街の活性化でお悩みの商工会のみなさん

商店街活性化の『 肝 』は、個々の商店の活性化です。

「もうだめだ」という言葉の裏に「努力したけれど」という 言い訳が見えます。

確かに努力はしたでしょう、でも結果がでない。

それは、あなたの努力が足りないのではないのです。

技術も努力も、だれにも負けてはいないのです。

ただ、力の使い方をまちがえているのです。

本当に諦める前に、一度ご相談ください。力になります。

商店街活性化の取り組みが各地で行われていますが、なかなか成果が出ない原因の一つに、最初に商店街全体のイメージを何とかしようと考える点にあります

個々のお店の活性化無しに、商店街の活性化を考えるのは、砂漠にいきなり森を作ろうと言うのと同じです。

外から新しい木を持ってくる前に、今ある木を元気にすることが大切なのです

商店街活性化のヒント

街中にある個人営業のお店や会社ではなく、小さな町の商店会、商工会、通り会の会員についての話です。

近くのショッピングセンターやスーパーに客を取られるという話をよくされます。

そのような話が出た時、各お店の店主の方に次のような質問をします。

  1、あなたのお店は、1日にいくら売り上げたらやっていけますか?
  2、この町の商店会には、何人の会員さんがおられますか?
  3、会員さんは、あなたの見込み客ではないのですか?

よく考えてみてください。あなたは、自分のお店で商品を買いたいと思いますか?

他の会員の店と、ショッピングセンター、あなたはどちらで買い物をしていますか?

あなたが他の店に対して思っていることと同じことを、他の店の方も、あなたの店に対して思っています。

商店街のみなさんを対象としたセミナーをお受けしています。
第1回目は、無料でお受けしています。
交通費、食事代、宿泊代の実費だけ、ご負担下さい。


a:215 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional